祖母・傾山冬期縦走
参加者:田崎(2)、中坂(2)

12月29日
起床6:00〜出発7:50〜古祖母登山口9:30〜傾・祖母分岐点10:15〜古祖母12:00〜障子岳13:15〜ミヤマ公園14:00〜天狗岳14:20〜祖母山15:45〜9合目小屋15:45〜就寝18:00
登り始め、中坂がふくらはぎに持続的な痛みを感じた。初めての出来事だったので戸惑ったが、湿布を張ると治った。以後、気をつけたい。障子岳がガケっぽく、景色が美しかった。祖母山の直前にはハシゴやロープがあったが、不安をかんじた。また、凍っていたため、滑って恐かった。しかし、岩々していて楽しく、急であったため山頂の景色は最高であった。


12月30日
起床5:30〜テント発8:00〜国観峠8:25〜北谷登山口9:45〜下山
下山日。外にはしばらくガスがかかっていて、様子を見ていた。
晴れてきてからテントを撤収し始める。テントが凍っていて、撤収に多少時間がかかってしまい、出発が遅くなった。
下山路には、樹氷がきれいについていて、しばらくの間地面に薄く雪が積もっていたり、地面が凍っていた。
登山道は整備されていて傾斜もなだらかだったので、疲れはそうなかった。だが途中からはスギ・ヒノキ林になり、伐倒された木が目に付き、景観は悪かった。
北谷登山口には、車が数台いた。降りてからは、約2時間はひたすら林道だった。


田崎
反省
・朝の行動が遅く、出発時間が遅くなった。また、下調べが不十分で、アプローチの時に迷ったり、バスが運休だったりして時間がかかった。下調べを十分にするようにする。
感想
祖母山では、雪が思っていたよりも少なく、山頂付近で少し積もっている程度だった。障子岳方面から見た祖母山はすごい岩壁だった。そして祖母山頂の手前のはしごは恐ろしく錆びてるし、ぐらついていて恐かった。
次は大崩〜祖母の縦走をしたい(秋に)。


中坂
反省
不調はすぐに言うべきだと思った。朝はもっとテキパキすべきだと思った。自分の装備をもっと充実させたい。ポールが凍ったかもしれないので、ロウを縫っておくべきだった。靴を早く修理に出すべきだった。
感想
凍ってて恐かった。障子岳などの岩々した景色が最高だった。

鹿児島大学山岳部トップページへ戻る