マルチピッチin雌鉾岳・比叡山
参加者:田崎(2)、中坂(2)、黒岩(OB)

12月26日
部室発20:00〜雌鉾岳キャンプ場1:10
部室を18時発の予定だったが、いろいろあって出発が2時間遅れ、黒岩さんの車に乗せてもらって出発。行く途中で肉を購入する。
キャンプ場に着いたのは夜中の1時で、すごく寒かった。


12月27日
起床6:00〜キャンプ場発7:40〜登攀開始8:40〜山頂着15:55〜キャンプ場着17:40
この日も恵まれてはいたが、スタートして3ピッチまでは、影が多く、寒かった。2ピッチ目のブッシュが面倒だった。最後のピッチの前のビレイ点が分かりにくく、木に支点を取った。また、最後のピッチはボルト間が広い所があり、危険に感じた。山頂の景色は美しく、尾根上を歩くのが楽しかった。


12月28日
起床6:00〜2.5スラブ取り付き7:40〜山頂14:00〜下山14:50〜ほしこがinn尾平19:30
比叡山の2.5スラブに登る。取り付きまでは、雌鉾と比べてかなり近いのでアプローチは楽だった。この日も寒く、トップ以外の二人はふるえながら待っていた。1ピッチ目から2ピッチ目の間は藪こぎ。黒岩と田崎がトップをかわるがわる上り、中坂はセカンドで登る。
6−のピッチは、細かいホールドで足場があまりなく、落ちたりして時間がかかってしまった。5,6ピッチ目は意外とすべすべの緩いスラブで、丁寧に登って行った。昼までには山頂に着く予定だったが、着いたのは14時くらいになってしまい、奥の細道には登れなかった。


田崎
反省
・比叡山:久々のマルチピッチで,1・2ピッチ目ではセカンドへのビレイが手間取り,ロープがたるんだ状態になっていた。それに中間にあるボルトを見落として、ランニングをとらないところがあったので、気をつけるようにする。

感想
雌鉾は取り付きから山頂まで見えるほど凄くスッキリしていてきれいだったが,日が照るまでは凄く寒くて、待っている間は震えていた。また、ボルトが少なく、中央バンドのトラバースは恐かった。

中坂
反省
リードの技術を身につけたいと思った。寒さ対策をもっとすべきだった。もっと登りこもうと思った。

感想
恐怖心は消えないが景色が美しかった。いつかはリードでのぼってみたいと思った。


鹿児島大学山岳部トップページへ戻る