鹿大ウォール セッション第2戦

 鹿大ウォールセッション第2戦が9月25日(日)に行われました。3連休の最終日に組んだ割にはたくさんの参加者がありました。
 今回のルートセッターは大田さんです。予選は16課題で競われました。第1戦との違いはスローパー、巨大ピンチなどホールドを購入したことで今までにない課題設定が可能になりました。また垂壁ができたことでコーナー部分を使ったトリッキーなムーヴを可能にしました。カンテの部分を使ったレイバックやマントルの課題など多種多彩なムーヴで予選が繰り広げられました。
 予選はFukuoka君が圧倒的な強さをみせぶっちぎりで全課題をクリアしました。2課題差に4名がひしめく大混戦でした。特にマントルやランジの課題は習得したムーヴの蓄積がものをいう世界でして、この辺の処理がうまくいった人は上位に食い込んだようです。また、16課題を2時間半という長丁場で乗り切るためにはトライする課題のペース配分も大切です。ムーヴは分かったのに疲れて登れないということもありました。
 決勝は1本勝負で行われました。決勝でもFukuoka君が圧倒的な強さをみせ完登しました。オンサイトでのトライでしたが、オブザベーションでしっかりムーヴを見出す力が勝敗を分けたように思います。
 予定外に早く終わりましたが、残って課題を復習しました。
 次回は11月に開催予定です。今度はどなたがセッターを引き受けてくださるでしょうか。

リザルト
順位 氏名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 予選pt 決勝
1 Fukuoka 150pt top
2 R.Hayaishi           110pt 8
3 I.Hayaishi         120pt 5+
4 Koseki           110pt 5
5 Nishi             100pt 5
6 Nishimura                 80pt  
7 Takenouchi                   70pt  
8 Watanabe                     60pt  
9 Taniguchi                         40pt  
9 Murayama                         40pt  
11 Kuroiwa                               10pt  


鹿児島大学山岳部トップページへ戻る